ちょっと昔のゲームレビュー



ゲームレビュー > アクション >

アーマードコア/ゲームレビュー

ARMORED CORE
機種:プレイステーション

フロムソフトウェアから発売されている、3Dメカアクション。思い通りにメカを操ることができるのが魅力で、プレイステーションで3作、プレステ2で現在まで5作が発売されている。

このゲームでは、プレイヤーは「レイヴン」と呼ばれる傭兵となる。レイヴンは、企業からの依頼を受け、ミッションを遂行する。その際に彼らが搭乗するのが「アーマードコア」と呼ばれるロボットだ。


○自由に機種を組み立てる楽しさ

このアーマードコアは、頭部、腕、脚、コア、肩武器、腕武器などのパーツを自由に組み立てることができる。パーツはそれぞれ特徴があり、重量制限もあるので、ミッションの内容にあわせてパーツの組み合わせを熟慮する必要がある。

また、パーツは原則としてショップで買うので、最初のうちは強い装備をすることはできない。初期装備から始めて、段々とミッションを遂行するうちにお金がたまってくる。



そのお金で前から欲しかったパーツを買って、自機が強くなったことを実感するのがこのゲームの大きな楽しみの一つだ。


○腕前が上がればブレードが絶大な威力を

さて、このようにパーツを自在に組み合わせることができるのがこのゲームの大きな特徴だが、もう一つ大きな特徴がある。それは、このゲームはプレイヤーの腕前がパーツ以上に重要なのだ。

普通、ミッションでは重装備が好まれる。しかし、自分の腕前が上がってくると、厚くて重い装甲のパーツよりも機動性の高いパーツのほうが使いやすくなってくる。

また、「アーマードコア」にはブレードと呼ばれる非常に特徴的な腕武器があり、この武器は使いようによっては文字通り最強の武器になる。腕が上がってくると、弾数も弾薬代も気にしなくてよいブレードは離せない存在になる。続く。

このように、プレイヤーの腕が上がれば、これまで使いづらかったパーツが使えるパーツになり、それに伴って戦術も高等になってくる。


○対戦やアリーナで腕を磨く

そうなれば、ミッションの攻略法も初心の頃の撃ちまくるスタイルから、敵の攻撃を上手くよけてピンポイントに武器を使う形になるし、2人での対戦が非常に楽しくなる。

対戦相手がいない人にも、このソフトの次に発売された「アーマードコア プロジェクトファンタズマ」以降では、アリーナと呼ばれるコンピュータの操る敵アーマードコアと対戦できるモードがあり、十分楽しめる。

アリーナは本ソフトには残念ながら無いが、本ソフトでもアーマードコアとの戦いもあるし、ミッションの質はプレステ2のシリーズも含めて最高だというファンも多い。

そのため、本ソフトでアーマードコアの操作技術を高めて、プロジェクトファンタズマ以降のアリーナに挑戦されることをおすすめしたい。


○たぶんシリーズ最高傑作

ちなみに、私はプレステ2のアーマードコアはやったことが無いが、プレステの作品だけからいっても、この初代アーマードコアのミッションが一番面白いと思う。

なお、アーマードコアが長い人気を保っているのは、ミッションだけでなくこのアリーナや対戦の、アーマードコア同士の戦いの面白さによるところが大きい。


○オーバードブーストの弊害

付記:プレステ2以降のアーマードコアは、オーバードブーストという機能が搭載された。これにより高速機動の戦いが楽しめるようになったが、対戦でオーバードブーストを使って逃げまくるという戦術ができてしまった。

そのため、オーバードブーストを悪用(?)できないように、ステージが狭くなってしまった。広大なステージでのミッションや対戦を楽しみたい方には、ぜひ初代(初期)のアーマードコア3部作をお勧めします。


○操作が難しいのが難点

さて、このようにとても面白いゲームなのだが、操作が慣れるまでが難しい。

コントローラーのボタンは全部使うし、視点の上下も行なわなければならない。また、チュートリアルとか訓練モードのような初心者に親切な配慮はもちろんない(これがフロムソフトウェアの伝統であり、魅力でもある)。

したがって、挫折する初心者も多いし、私もその一人になりかけた。しかしそれではこのゲームの面白さを知らずに終わってしまうのでとてももったいない。

ミッションをこなしていくうちに、だんだんコツがつかめてくると思うので、ぜひそれまで頑張って続けていただきたい。


○奥が深いメカアクション

アーマードコアを一言で表現すれば、「本格的」ということになると思う。

パーツそれぞれに細かく定められたパラメータ、最強の機体を作ることができない絶妙のバランス、多様な戦術。ダークでシリアス、そして無機質な世界観もサイバーパンクの王道を行っている。まさに本格的な3Dメカアクションだ。



難易度もとっつきにくさも本格的なのが残念だが、だからこそプレイヤーが成長する喜びを味わえる。ぜひともプレイさせることをお勧めします。

参考:アーマードコア初代3部作のアリーナ、対戦の攻略法1

スポンサード リンク



目次
RPGアクションシミュレーションスポーツ
アドベンチャーハードコラム

「ちょっと昔のゲームレビュー」ホームへ

 


アーマードコア攻略情報




Google
WWW を検索 mukashi-game.com を検索


無断転載、盗用は著作権法違反の行為であり、固くお断りいたします。
Copyright(c) since 2009 ちょっと昔のゲームレビュー All rights Reserved.