ちょっと昔のゲームレビュー

ゲームレビュー > アクション >

塊魂2/ゲームレビュー

塊を転がして、いろいろなものを巻き込んでだんだん大きな塊にしていくという異色のアクションゲームです。

タイトルは「かたまりだましい」と読みます。

最初は「本当に面白いのかな?」と疑問を少し感じましたが、いざプレイしてみるとやみつきになりました。


○すごい世界が広がっている

最初のステージは普通の家の普通の部屋です。そこで床に落ちている消しゴムやクリップなどをくっつけていくのですが、そのうちに塊がだんだん大きくなると、机の上に行けるようになったりします。



そしてついには家の外に行けるように! 家の外には新たな世界が広がっています。こうなるともう止まりません。「次はもしかしてあそこの外に行けるんだろうか?」と思うだけでわくわくします。

そして最後には…これはぜひ実際にプレイして確かめてください。すごい世界が広がっています。

スポンサード リンク



○豊富なステージ

さて、この塊魂(かたまりだましい)2ですが、その他にもいろいろなステージやシチュエーションが用意されています。

夜のキャンプ場で光を集めたり(このステージ、かなり雰囲気があります)、レース場で高速で転がったり(やみつきになります)、相撲の力士をごろごろ転がしたりとまったく飽きません。

ちなみに力士の「ごっつぁんです」の声はいまだに耳に残っています。


○松崎しげるの歌が強烈

そして、BGMで流れる歌も秀逸! なかでも松崎しげるの歌う歌はすごいです! たぶんこの歌は一生私の頭の中で流れるでしょう(笑)。

私は塊魂の1はプレイしていないのですが、1には時間制限なしでステージを遊べるモードがあったそうです。

2にそれがないのは残念ですが、くっつけたものを図鑑にしてコレクションできるので、ずっと遊ぶことができます。

スポンサード リンク



○とてもおすすめ

気になった点としては、スティックを上下させることで早く転がせるのですが、これがなかなか難しかったことです。ただ、これが難しくないとゲームになりませんし、そんなに気になる点ではありません。



ものを転がすことがこんなに楽しいとは! 何も考えずに不思議な高揚感に浸れる、貴重なゲームです。やみつきになる面白さで、おすすめです。

目次
RPGアクションシミュレーションスポーツ
アドベンチャーハードコラム

「ちょっと昔のゲームレビュー」ホームへ

 


アーマードコア攻略情報


Google
WWW を検索 mukashi-game.com を検索


無断転載、盗用は著作権法違反の行為であり、固くお断りいたします。
Copyright(c) since 2009 ちょっと昔のゲームレビュー All rights Reserved.