ちょっと昔のゲームレビュー

ゲームレビュー > アクション >

キングスフィールド2/ゲームレビュー

機種:プレイステーション

主人公の視点(主観視点)が特徴のアクションRPG。現在psで3作、 プレステ2で1作の合計4作が発売されている。

この2は、ps3部作の中で最も人気がある。私もこの2がもっとも完成されていると思う。


○難易度のすばらしき高さ

メラナット島の海岸に漂着した主人公には、頼りになるような装備がない。開始地点から島までいくための浅瀬も、一歩踏み外せば即死。

このようにキングスフィールドシリーズは初心者には難易度が高い。それだけに敬遠されることも多い。操作も独特で、敵との距離感や攻撃のタイミングが最初のうちは難しい。

しかし、ぜひとも序盤の難しさを我慢してゲームを続けていただきたい。 そうすれば、いつのまにか主人公と共にプレイヤーの腕も上達していることに気づくはずだ。

そうなれば、他のゲームにない臨場感を楽しむことができるようになる。

スポンサード リンク



○みごとなグラフィックの表現力

だいぶ前のソフトなので、ポリゴンは荒い。お世辞にもグラフィックがきれいだとはいえないが、滝や岩壁、迫り来るモンスターたちが見事に3Dで表現されている。

また、先ほど序盤の厳しさを述べたが、回復の泉があるので、そこを拠点としつつ、徐々にレベルを上げて、装備を整えていけば、なんとかなるはず。(ちなみにキングスフィールド1では回復の泉は序盤では枯れている)


○本当の冒険を堪能できる

ハードなゲームだけに、強い装備を手に入れたときの喜びは大きい。海岸、 洞窟、城、鉱山などからなる複雑な立体構造のメラナット島。そこを自由に歩き、武器を選択し、ときには弓矢や魔法を駆使して強敵と戦う。

これほどの臨場感と自由さを味わえるゲームは滅多にない。HPを減らしてやっとたどり着いた村で見上げた空の青さ、壁の向こうから聞こえる恐ろしげな魔法の音。次々と飛んでくる巨大な火の玉。

そしてメラナット島の深部には何が待っているのか…。



本当の冒険を味わいたい方はぜひともプレイしていただきたい傑作です。

目次
RPGアクションシミュレーションスポーツ
アドベンチャーハードコラム

「ちょっと昔のゲームレビュー」ホームへ

 


アーマードコア攻略情報


Google
WWW を検索 mukashi-game.com を検索


無断転載、盗用は著作権法違反の行為であり、固くお断りいたします。
Copyright(c) since 2009 ちょっと昔のゲームレビュー All rights Reserved.