ちょっと昔のゲームレビュー



ゲームレビュー > アクション >

キングスフィールド/ゲームレビュー

KING'S FIELD
機種:プレイステーション

完全な主観視点のアクションRPGの人気シリーズ第1弾。プレイステーションのデビューと同時期に発売された。

何より特徴的なのは世界がフルポリゴンで構成され、その中を完全な主観 視点で冒険することだ。これにより、他のゲームでは味わえない迫力が 味わえる。

モンスターももちろん3Dで、特に巨大な敵が遠くにいるのが見えたりすると、「どうしよう…」とか思ってしまう。RPGの主人公の気持ちがよくわかるようになります(笑)。

私はこのシリーズは2から始めて、3,4とプレイし、この1を最後に プレイしたことになる。さすがに操作には熟練しているので、比較的楽に進めることができた。

そうして思ったのは、「序盤はシリーズ一難しいのでは?」ということだ。 何しろ頼みの綱の回復の泉が枯れている。2ではこんこんと湧き出していたのに! まず回復の泉を回復させる(?)ことが序盤の課題となる。

しかし、それを乗り越えれば特に障害はないはずだ。勿論その後も全般的に難しいのだが、レベルを上げ、装備を整えていけば進めるはずだ。

はっきりいって、このゲームは常に死と隣りあわせだ。油断すれば、雑魚敵にもやられて、あの断末魔を残しながら死亡してしまう。それがこの シリーズのとっつきにくさであり、また魅力でもある。

そこでちょっと戦闘のアドバイスを。まず、スライムのような背の低い敵を攻撃するには、視点を下に下げること。

次に、敵と間合いを取って隙をうかがい、チャンスがきたら、攻撃ボタンを押しつつ敵に接近する。というのは、このゲームは武器を振るスピードが一部の武器を除いて遅いので、早めに振り下ろしつつ接近しなければうまく当たらないのだ。この辺りは慣れが大事です。

それから、平行移動をうまく使おう。L1かR1を押しながら十字の上を押せば、 敵の背後を取れるようになる。 もし序盤が難しすぎるなら、キングスフィールド2から始めた方がよいかも しれない。

しかし、慣れてくればそんなに難しさは感じなくなる。ある程度進めば回復ポイントが随所にあるし、魔法や魔法剣が使えるようになるからだ。



シリーズを通して健在のかび臭い感じの息が詰まるような迷宮、ダークな雰囲気、そして他のゲームにはない臨場感と緊張感。好きな人にはたまらないキングスフィールドの伝説は、このソフトから始まったのだ。

スポンサード リンク



目次
RPGアクションシミュレーションスポーツ
アドベンチャーハードコラム

「ちょっと昔のゲームレビュー」ホームへ

 


アーマードコア攻略情報




Google
WWW を検索 mukashi-game.com を検索


無断転載、盗用は著作権法違反の行為であり、固くお断りいたします。
Copyright(c) since 2009 ちょっと昔のゲームレビュー All rights Reserved.