ちょっと昔のゲームレビュー

ゲームレビュー > アクション >

ゼルダの伝説 時のオカリナ/ゲームレビュー

機種:64、wii

ニンテンドー64で発売された、アクションアドベンチャー。おなじみの主人公・リンクが、3Dで見事に構築された広大な世界を舞台に、さまざまな冒険を繰り広げる。


○ソフトの入手法

現在、時のオカリナを遊ぶには、
1) 風のタクトの特典ディスクを入手して、ゲームキューブで遊ぶ
2) クラブ・ニンテンドーでポイントで「ゼルダコレクション」を入手して、ゲームキューブで遊ぶ
3) ニンテンドー64で遊ぶ。今なら本体も中古でかなり安いです。
4) wiiを購入し、バーチャルコンソールで購入する
の4つの方法があります。

1について。私は、この時のオカリナを、ゲームキューブの「ゼルダの伝説 風のタクト」の予約特典ディスクで遊びました。

しかし、この特典ディスクはお店で買うことはとても難しいので、インターネットオークションか、インターネットの中古ショップで購入するくらいしか方法はないと思います。

私はヤフーオークションで、ゲーム店から購入しました。

ちなみにこの特典ディスクには、時のオカリナのダンジョンの中が異なり、難易度の高い「裏バージョン」も入っています。


↑NINTENDO GAMECUBE本体 バイオレット


↑NINTENDO64 本体

↑Wii本体

一方、裏バージョンはプレイできませんが、本編だけ楽しめればよいのなら、上記3のNINTENDO64本体と「時のオカリナ」(64用の)を買うのが一番安いと思います。



時のオカリナは傑作なので、このためだけに64を買う価値はあると思います。


○ゼルダの伝統を受け継ぐ

さて、ゲームの内容だが、剣を振って敵を倒しつつ、ダンジョンやフィールドにちりばめられた数々の謎やミニゲームなどをクリアしていくという、ゼルダの正統的な流れを受け継いでいる。

何よりも素晴らしいのは3Dのグラフィック。スタート地点の森をやっと出て、目の前に広がったハイラル草原を目にしたときは本当に感動した。

時間の経過とともに美しく姿を変えていく空、彼方にそびえる城。ダンジョンもそれぞれに個性があり、森の神殿や湖底の神殿など、とても雰囲気が出ている。

スポンサード リンク



○操作性も高い

操作性もスティックを使ったアイテム選択など、とても工夫がされている。

中でも特筆すべきは、「Z注目」といわれるシステムだ。これは、敵と戦うときに、Zボタンを押し続けていれば、その敵を常に正面に捉えることができるというものだ。

それまでの3Dアクションの弱点は、敵が動き回るのにあわせて自分も動かねばならず、操作がしにくいばかりか、ちょっと酔ってしまうこともあった。

その点このシステムならそういった弱点が補われて、シンプルでかっこいい戦闘を楽しめるようになった。

アクションはしゃがみ歩きや乗馬など多彩なうえに、操作はシンプルなままなのがいい。


○手ごわい謎解き

謎解きは、これまでどおりアイテムを駆使したりブロックを押したりするもの。

けっこう手ごたえのある難易度の謎解きもあるので、攻略本かインターネットの情報が必要になるかもしれない。ずっと考えて、正解がひらめいたときの快感はなんともいえない。

ちなみに私は森の神殿のある場所で数日間、謎解きがわからず苦労しました。

なお、このゲームでは相棒の妖精がヒントをくれるときもあるので、助かる。

スポンサード リンク



○ボリューム満点

このゲームはかなりボリュームがある。フィールドが広いのもそうだが、プレイ時間もかなり長く楽しめる。ハートを全部集めるなどのやりこみ要素も満載だ。

敵の隙をうかがって砦の深部に潜入したり、釣り、やぶさめやパチンコの射的などのゲームがあったりと、楽しい要素がたくさん盛り込まれている。まさにサービス満点。


○完成された傑作

ハイラル草原にたたずめば、風の香りを感じることができるほど、この「時のオカリナ」には、一つの完成された世界が詰まっている。ひたすらクリアを目指すもよし、道草を食ってミニゲームを楽しむのもよし。

本当に1度や2度のプレイだけでは味わいつくすことのできない、とても完成されたゲームです。プレイしなければもったいないほど心からおすすめできる作品です。

11/5/4追記:ニンテンドー3DSで時のオカリナが発売されるそうです。

なにしろ傑作ですから当然とも言えますね。これで時のオカリナが気軽にプレイ出来るようになりました。

目次
RPGアクションシミュレーションスポーツ
アドベンチャーハードコラム

「ちょっと昔のゲームレビュー」ホームへ

 


アーマードコア攻略情報




Google
WWW を検索 mukashi-game.com を検索


無断転載、盗用は著作権法違反の行為であり、固くお断りいたします。
Copyright(c) since 2009 ちょっと昔のゲームレビュー All rights Reserved.