ちょっと昔のゲームレビュー

ゲームレビュー > アドベンチャー >

リヴン/ゲームレビュー

RIVEN THE SEQUEL TO THE MYST

人気アドベンチャーゲーム「ミスト」(MYST)の続編です。MYSTをプレイして、他のゲームにないあの神秘的で寂寥感ある美しい世界に魅せられた私も早速プレイした記憶があります。

機種はプレイステーション、PC。


○前作よりはさびしくない

もちろんこのリヴン(リブン)でもその世界観は継承されています。ただ、今回は少しですが人間や生物が登場するので、前作よりは寂しくないです。

なにしろ前作は知らない世界でほとんど一人ぼっちというゲームでしたので、人間関係に疲れている方にお勧めしたいソフトでした。プレイすると無性に人恋しくなるのです。

そしてあの孤独感は、バイオハザードやサイレントヒルといったホラーゲームよりもある意味恐いかもしれません。特にあの世界を移動するときの音!

ちなみにサイレントヒルは私はプレイしたことがないのですが、かなり怖いらしいですね。



さて、リヴンではまず、グラフィックがかなり進化しました。前作もかなりきれいでしたが、リヴンでは動画が進化して、乗り物にも乗れます。なかなか迫力ある映像です。


○謎解きの難易度が異常に高い

謎解きの難易度の高いことで有名なMYSTシリーズですが、リヴンは前作とは比べ物にならないほどの難易度になっています(泣)。

前作はなんとか自力でクリアできたのですが、リヴンでは終盤まではなんとかいけたものの、最後のあのパズルがどうしても解けず、攻略本のお世話になってしまいました。

あのパズルを自力で解けた人はいるのでしょうか。いたら心から尊敬します。

その謎解きも、独特の文字を使ったものや、地下鉄のような乗り物を動かすものなど多彩です。この乗り物のパズルにもかなり手こずりまして、解きかたがわからずに地図を描いたりしているうちにクリアできたのです。

ところが後で攻略本を見てみたら、なんと○○を手がかりにすれば簡単に解けたことが判明!つまり私のクリアは偶然だったわけです。あんなにずっと乗り物に乗っていたのにさっぱりわかりませんでした。

また、潜水艦みたいなもので水中にもぐれるなど、前作からの進歩はすごいです。

スポンサード リンク



○美しい世界

ミストシリーズ独特の美しく幻想的な世界もグレードアップ。夜の世界(名前は忘れました)で、闇の中に巨大な球状の住居?が浮かび上がっている光景には鳥肌が立ちました。ゲームの表紙の光景です。

また、誰もいないところに少女がいたり、どきっとさせられることもありました。何しろ人のいない世界なので。


○ミスト好きにはおすすめ

というわけで、MYSTシリーズを経験されていない方にはぜひお勧めしたい逸品です。ただし、とにかく難易度が高いので、どうしても行き詰ったら攻略本を使った方がよいと思います。

自力でクリアした方は、素晴らしいです。どんどん自慢してください。


↑プレステ版です


↑攻略本です。

リヴンは、本当に一つの世界を感じます。美しくて寂しい、もう一つの世界に浸りたい方、ぜひプレイしてみてください。

攻略サイトのご紹介
ドニ・エクスプローラーズ・アソシエーション
RIVEN非公式完全攻略ガイド

目次
RPGアクションシミュレーションスポーツ
アドベンチャーハードコラム

「ちょっと昔のゲームレビュー」ホームへ

 




Google
WWW を検索 mukashi-game.com を検索


無断転載、盗用は著作権法違反の行為であり、固くお断りいたします。
Copyright(c) since 2009 ちょっと昔のゲームレビュー All rights Reserved.