ちょっと昔のゲームレビュー

ゲームレビュー > RPG >

クロノトリガー/ゲームレビュー

機種:SFC PS DS

ストーリーの評判の高いRPG。スーパーファミコンから移植されて、プレイステーションで発売された。主人公たちは過去・現在・未来を行き来して、世界を滅亡から救うために冒険する。

正直に言って、そんなにストーリーが感動的だとは思わなかった。

しかし、タイムマシンで時間移動をするというのは斬新なアイデアだと思う。

また、冒険の舞台が空中の都市から雪原、荒廃した未来都市などバリエーションに富んでいたのはよかった。

戦闘システムはファイナルファンタジーのアクティブタイムバトルに近いものだったと思う。難易度は普通で、詰まることは皆無だったので、気軽にプレイできる。

キャラクターに関しては、カエルが渋くて好きだった。原始時代の女性からロボットまでキャラはみな個性的だ。

音楽は全体的に良かった。城の音楽は特に勇壮な感じがよく出ていた。



エンディングはマルチエンディングで、他のエンディングを出すヒントもあるので、何度でも楽しめる。 手堅く作られた良作です。

↑なお、最近ニンテンドーDSでも発売されました。

目次
RPGアクションシミュレーションスポーツ
アドベンチャーハードコラム

「ちょっと昔のゲームレビュー」ホームへ

 



Google
WWW を検索 mukashi-game.com を検索


無断転載、盗用は著作権法違反の行為であり、固くお断りいたします。
Copyright(c) since 2009 ちょっと昔のゲームレビュー All rights Reserved.