ちょっと昔のゲームレビュー

ゲームレビュー > RPG >

ドラゴンクエスト1・2 その2/ゲームレビュー

続いてドラクエ2のご紹介。

このドラゴンクエスト2は前作よりもかなりパワーアップしたといえる。というのは、前作の一人旅から一変して今回は3人パーティーで旅をすることになったのだ。それに伴って敵も集団で襲ってくるようになった。

また、冒険の舞台も広くなった。前作の舞台、アレフガルドは2では世界の一部となり、町やダンジョンなどの数も大幅に増えた。

前作ではイベントらしいイベントはあまりなかったが、2ではイベントが多く用意されている。前作のストイックな孤独感もよかったが、2ではいかにも仲間と冒険しているなという感じを味わえる。

スポンサード リンク



グラフィックも前作よりも向上した。フィールドやダンジョンの立体感が増し、臨場感がアップしたといえる。

ちなみに難易度も上がっていて、ダンジョンの難しさはシリーズ一だと思う。敵もけっこう強い。

さて、私が2で一番気に入っているのは、すぎやまこういち氏によるフィールドの音楽「遥かなる旅路」だ。

冒険の中盤からの「果てしない世界」もよい曲だが、「遥かなる旅路」は名曲なのでぜひお聴き下さい。ちなみにエンディングの曲「この道 わが旅」も大好きだ。



ところで、ドラクエは1から3までが「ロト3部作」と呼ばれている。もしこれからロト3部作をプレイされるなら、まずこの1と2をプレイした後に、ドラゴンクエスト3をプレイされることをおすすめしたい。

3をプレイしたときに、アッと驚く場面があるはずだ。



ドラクエシリーズの元祖であるドラゴンクエスト1、そして広大な世界を仲間と旅するドラゴンクエスト2。ドラクエが好きなあなたにぜひおすすめします。

目次
RPGアクションシミュレーションスポーツ
アドベンチャーハードコラム

「ちょっと昔のゲームレビュー」ホームへ

 




Google
WWW を検索 mukashi-game.com を検索


無断転載、盗用は著作権法違反の行為であり、固くお断りいたします。
Copyright(c) since 2009 ちょっと昔のゲームレビュー All rights Reserved.