ちょっと昔のゲームレビュー

ゲームレビュー > シミュレーション >

大航海時代4/ゲームレビュー

機種:プレイステーション、パソコン
コーエーより発売された、人気シリーズ第4作。私は大航海時代シリーズは2とこの4をプレイした。ちなみに3は家庭用ゲーム機では発売されていないようだ。


○戦闘がアクション色強く

2と比べて大きく変わったのは戦闘。2ではヘックス(6角形のます目)を使った戦闘だったが、4では自軍の船を十字キーで移動させることで、自動的に発射される大砲を上手く敵に当てるという、アクションゲーム的なものに変わった。

大砲を敵に当てて敵艦を沈没させるのはけっこう快感だが、一騎討ちもできて自由度の高かった2には正直いってかなわないと思う。

また、戦闘以外においても、自由度のとても高かった2に比べて自由度が低くなってしまった。

キャラクターは美男美女ぞろいのグラフィックに変わった。少女漫画のようなキャラクターは好みが分かれるだろうが、私はそんなに違和感を感じなかった。

スポンサード リンク



○ストーリー

ストーリーは筋書きが決められていてそれをなぞっていく感じになった。自由度が低くなったのは否めないが、主人公によってはエンディングがとても印象的なものもあった。


↑プレステ版です

各都市で貿易のシェアを奪い合うなど、なかなか楽しめるゲームだ。2には正直言ってかなわないが、よくできた作品だ。


↑私がプレイしたのはプレステ版ですが、これはDS版です

目次
RPGアクションシミュレーションスポーツ
アドベンチャーハードコラム

「ちょっと昔のゲームレビュー」ホームへ

 



Google
WWW を検索 mukashi-game.com を検索


無断転載、盗用は著作権法違反の行為であり、固くお断りいたします。
Copyright(c) since 2009 ちょっと昔のゲームレビュー All rights Reserved.