ちょっと昔のゲームレビュー

ゲームレビュー > スポーツ >

みんなのGOLF/ゲームレビュー

簡単操作と奥の深さを両立させたゴルフゲーム。人気シリーズになっていて、本ソフトはその第1弾。

ショットのやり方は、ゲージの動きに合わせてタイミングを計ってボタンを押し、まず飛距離を決める。

次に、インパクトゾーンにぴったりゲージが合うタイミングでボタンを押せば、ナイスショットが打てる。インパクトのタイミングがずれると、右や左にボールが曲がってしまう。かなりずれると、ダフってほとんどボールが飛ばない。

このように操作がシンプルなので、説明書を読まなくてもすぐに遊ぶことができる。そして、もっと高度なショットが打ちたいなら、球の高低や曲がりを自分で決めることもできる。

また、傾斜のあるところからのショットは、本物のゴルフと同じくフックやスライスが掛かってしまうので、その分目標をずらす必要がある。



また、ラフやディポット跡からのショットはインパクトゾーンが狭くなり、ミスショットが出やすくなるし、飛距離も落ちる。

このようにトラブルショットもなかなか忠実に再現されているので、ゴルフの軽いイメージトレーニングにもなる。

パッティングはグリーンに高低差があり、斜面を読んで行なう。

スポンサード リンク

最初の方のコースはそんなに起伏がないので簡単だが、最後のほうになるとグリーンがかなりでこぼこしていたり、斜面がきつくなっているので、まるでマスターズのオーガスタのように、ボールがカップに届かないままグリーン外へ転がり落ちる悲劇もある。

とはいってもそこまで意地悪なグリーンはあまりなく、ラインは結構読みやすい。

使用できるキャラクターは最初は少ないが、他のキャラクターと対戦することでそのキャラを使えるようになる。

キャラにはパワーやコントロールなどのパラメーターが設定されていて、持ち球もストレート、ドロー、フェードに分かれている。

コースの数はもう少しあればうれしいが、まあ満足という程度のボリュームになっている。コースはそれぞれ特徴があり、ハワイのようなコースや砂漠のコースなどがある。

対戦も気軽にできる。一人淡々と打つ「ストロークモード」はテンポが速いので気持ちいい。

続編の「2」以降では、ショットを打ち終わった後の表示をとばせる機能が付いているので、はやくラウンドすることができたが、1にはその機能はない。なので、2以降に慣れていると、1は少々じれったい。

この1は、2以降に比べるとギアや(ゲーム内の)ホームページなどの要素がない、とてもシンプルなものだ。

シンプルだけれど、ゴルフを純粋に遊ぶ点ではすでに1でほとんど完成されていたことがよく分かる。



気軽にできるし、奥もなかなか深い。手堅く作られた良質のゴルフゲームです。

目次
RPGアクションシミュレーションスポーツ
アドベンチャーハードコラム

「ちょっと昔のゲームレビュー」ホームへ

 






Google
WWW を検索 mukashi-game.com を検索


無断転載、盗用は著作権法違反の行為であり、固くお断りいたします。
Copyright(c) since 2009 ちょっと昔のゲームレビュー All rights Reserved.