ちょっと昔のゲームレビュー

ゲームレビュー > スポーツ >

みんなのGOLF3/ゲームレビュー

人気のゴルフゲーム「みんなのGOLF」の第3弾。ハードがプレイステーション2になったことで、グラフィックが大幅に向上した。


○グラフィックの大幅な向上

やはりこのみんなのGOLF3の一番の特徴は、グラフィックがとてもきれいになったことだろう。前作のみんなのGOLF2でも、1に比べてきれいになったと思っていたが、今回の進化は目を見張るものがある。流れ落ちる滝や揺れ動く水面は本物かと思ってしまうほどだ。

コースもそのグラフィックを活かしたつくりになっている。私が一番好きなのは海越えのホール。青と緑のコントラストが美しいが、海に入れたらいけないので、景色に見とれてばかりもいられない。グラフィックがきれいな分だけ、臨場感が増している。



ゲームの内容のほうは、前作まででもほぼゲームとして完成されていただけに、これまでのスタイルを踏襲している。


○グリーンの傾斜が復活

うれしいのは、グリーンの傾斜が復活したことだ。2では傾斜をなくして芝目だけになっていたので、パッティングがやや単調だった。3では傾斜を復活させ、斜度を水がながれるような映像で表現している。

また、前作同様、四季も健在だ。夏の照りつける日差しや冬の寂しい感じがグラフィックの向上によってよく表現されている。季節が変わると球の転がりも変わるので、戦術を変える必要がある。

スポンサード リンク



○ギア集めが楽しい

ギアも前作から受け継がれている。前作よりもポイントでもらえるグッズが増え、生き物などがコースに登場する「カプセル」もある。

今回は、キャディが新たに登場した。スズキさんなど個性豊かな面々がそろっているのがよい。

でも、こっちがミスをしたときにがっかりするのはやめて欲しいと思うときもある…。キャディのポーズはゲームが進むにつれて追加されるので、これも楽しい。

ゲームの進め方も前作とほぼ同様。VSモードでキャラクターを獲得し、そのキャラでトーナメントに挑むというスタイルだ。トーナメントは四季ごとに大会がある。


○VSモード

このVSモードがみんゴル3の唯一の不満だ。VSモードが進むと強敵と戦うのだが、彼らが強すぎる。強すぎるというか、理不尽なショットを決めてくるのがどうも気に入らない。

この点はみんゴルシリーズ共通だが、特に3ではこの点が顕著な気がする。簡単に勝ててしまっても面白くないが、ミラクルショットを連発するのではない強さを見てみたいものだ。

あと、不満というほどではないが、コースが少なめなのが惜しい。しかし、一つ一つのコースが良くできているので、そんなに不自由さを感じるほどではなかった。

スポンサード リンク



○全国大会モード

今回追加された要素の中で特に注目すべきは、「全国大会モード」だ。3のソフトとメールアドレスを持っていれば全国のみんゴルプレイヤーが集まる大会に出場できるというものだ。

パスワードを打ち込むだけという簡単さが魅力だが、3に関してはすでに全国大会は終了しています。


○傑作

プレステ2に移ったことによるグラフィックの向上を十分に生かし、前作までの面白さはそのままに引き継がれている。「全国大会モード」などの新要素も楽しい。



このみんなのGOLF3は、正当に進化したゴルフゲームの傑作だと思います。

目次
RPGアクションシミュレーションスポーツ
アドベンチャーハードコラム

「ちょっと昔のゲームレビュー」ホームへ

 






Google
WWW を検索 mukashi-game.com を検索


無断転載、盗用は著作権法違反の行為であり、固くお断りいたします。
Copyright(c) since 2009 ちょっと昔のゲームレビュー All rights Reserved.